バイアグラは非常に有名な薬です。名前だけなら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?衰えを感じていてもまだまだ現役でいたいと思っているなら、バイアグラの出番です。

  • ホーム
  • バイアグラ以外に薬はないのか

バイアグラ以外に薬はないのか

悩んでいる作業着姿の男性

バイアグラは勃起不全症(ED)治療薬として有名な薬です。
日本では最初に発売された勃起不全症治療薬です。
バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルと呼ばれるものです。
クエン酸シルデナフィルはホスホジエステラーゼVという酵素を阻害する薬です。
このホスホジエステラーゼVは血管平滑筋においてサイクリックGMPという物質の分解を助ける酵素となっています。
サイクリックGMPはその量が増加すると血管平滑筋を弛緩させる働きがあります。
つまりバイアグラの服用によってホスホジエステラーゼVの機能が阻害され、サイクリックGMP濃度が上昇すると血管平滑筋が弛緩するのです。
これによって血管は拡張します。
すると血液の流れがよくなり、陰茎海綿体への血液流入量も増加します。
それによって勃起が起こりやすくなるため、勃起不全症に対して有効なのです。
バイアグラ以外の勃起不全症治療薬に関してですが、レビトラ(バルデナフィル)とシアリス(タダラフィル)と呼ばれるものがあります。
これらもバイアグラと同様にホスホジエステラーゼV阻害薬です。
しかしバイアグラとの違いもいくつかあります。
バイアグラとレビトラは即効性に優れるタイプの薬ですが、シアリスは即効性の面ではバイアグラとレビトラに劣ってしまいます。
その一方、シアリスは効果の持続性において、他の2剤よりも優れています。
また食事の影響も受けにくく、副作用や薬物間相互作用などの安全面でも優れた薬です。
また同じ作用機序を有しているため類似点も多く存在します。
いずれの薬もCYP3A4で代謝されるため、同じ代謝酵素で代謝される薬物を併用すると、互いに効果を増強してしまい副作用が発現しやすくなります。
また血管が拡張されるため、頭痛、めまいなどの副作用が起こることがあります。

関連記事