バイアグラは非常に有名な薬です。名前だけなら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?衰えを感じていてもまだまだ現役でいたいと思っているなら、バイアグラの出番です。

  • ホーム
  • 価格が安すぎるバイアグラには類似品のリスクもある

価格が安すぎるバイアグラには類似品のリスクもある

多色な薬

バイアグラは本来病院で処方してもらう医薬品ですが、インターネットが発達した今日では個人輸入という形で調達できるようになりました。
インターネット上で販売されている際の価格は病院で処方される際よりも安い価格が設定されていることが多いため、バイアグラを継続的に利用する際には非常にありがたい存在になることでしょう。
しかしながらこの価格の安さというのは時としてリスクにもなることには注意が必要です。
特に多店舗と比べて明らかに安い、例えば半額などの価格で販売されているようであれば、それは類似品では無いかどうかということを考える必要が出てきます。
こうした医薬品は日本国内だと中々類似品が出回ることが無いため、多くの人は「薬として販売されているのであれば問題ないのではないか」と考えています。
しかしこれは日本国内での薬の流通が薬事法で管理されているからこそ可能な考え方であるということは見落としてはなりません。
調剤薬局で処方しなくてはならない医薬品の指定や、ドラッグストアで販売できる医薬品の規定などさまざまなことが薬事法で管理されているからこそ日本での薬の安全性は確立されているのです。
しかし個人輸入で購入する医薬品の場合、それは日本の薬事法によって管理されているものではありません。
あくまでも「個人が個人使用目的で医薬品を海外から輸入するのは問題ない」と例外で指定されている部分ですから、その安全性については自分で考えなくてはならないのです。
特にバイアグラは非常に類似品が多い薬であると指摘されており、製造元が調査をした結果ではインターネットの個人輸入で日本に流通するバイアグラのうち43.6%が偽薬だったと結論付けています。
このことを考えると個人輸入で購入するのはリスクがあることですから、安い価格に踊らされずしっかりと安全性を考えて買うようにしましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧