バイアグラは非常に有名な薬です。名前だけなら聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?衰えを感じていてもまだまだ現役でいたいと思っているなら、バイアグラの出番です。

考える男性

バイアグラはED治療薬として世界で初めて開発され、1998年にはアメリカで認可されて販売が開始されました。
この時点でも男性器が勃起できずに、満足できる性行為を諦めていた人が多く、そうした人達の期待に応えられるだけの効果を持っていたことから、マスコミやインターネットで画期的な薬として騒がれていました。
この時はまだ世界中に広がるほどの知名度はなく、一部の人達が騒いでいる状態で、一般的に名前が浸透するほどではありませんでした。
しかし、各国でもこの治療薬は画期的なものだと注目され、日本でも個人輸入代行業者が仕入れるなど世界中で確実に広がっていきます。
多くの人が勃起が出来る手軽な薬として認識し、医薬品の副作用や併用禁忌薬などの知識には疎く、入手すると同じように悩みを抱える人に渡したりするようになります。
すると、危険性を持たない第三者が利用し、併用禁忌薬と一緒に使用することで心停止による死亡の事件が相次ぐようになります。
日本では狭心症患者がニトログリセリンを使用していたにもかかわらず、同時にバイアグラを使用して性行為を行った直後に死亡する結果となり、ニュースで取り上げられると一般的にも名前が認知されるようになります。
厚生労働省では副作用による死亡件数を鑑みて、国内での臨床試験を実施することなくスピード審査を敢行し、1999年には認可されて医療機関で販売されるようになりました。
今日日はEDの治療薬として認識されていますが、当時は媚薬や催淫剤のひとつと捉えられ、手軽に勃起力が増加するものと考えられていたようです。
バイアグラは血管を拡張させる作用があるため、狭心症や高血圧症の治療薬との併用は注意をしなくてはならず、手軽に利用するには難しい薬と言えます。

記事一覧
多様な薬

バイアグラは勃起不全に悩む男性向けの新薬として、最も長い期間販売されている製品です。 薬効の違う後発...

多色な薬

バイアグラは本来病院で処方してもらう医薬品ですが、インターネットが発達した今日では個人輸入という形で...

悩んでいる作業着姿の男性

バイアグラは勃起不全症(ED)治療薬として有名な薬です。 日本では最初に発売された勃起不全症治療薬で...

たくさんの薬

バイアグラを含むED治療薬は、成分を元にして分けると大きく3種類しか存在しません。 世界で初めて開発...